9月の22日は旧暦8月15日にあたり、古くから中秋の名月と称えられる日です。
その日に合わせまして、山内神社の東にあります『三翠園』では月を愛でる宴が開催され、山内神社は庭園での神事と巫女の舞をご奉仕をさせていただきました。

当日は夕方から雨の予報がでており、私共も三翠園の方々も心配しながら準備を進めておりましたが、なんとか持ちそうな様子の中、美しい秋の生花がしつらえられた庭園に神棚をしつらえ神事の開始時間を待ちました。
kanngetu-3.jpg
kanngetu-4.jpg

そして時間となり、ライトアップされた庭園で神事がはじまり、お祓いをすませ祝詞の奏上に入ったとたん・・・
kanngetu-1.jpg
ぽつぽつぽつ・・・と雨粒が落ち始め、やがて雷様もおでましに(笑)。
お座りになっていたお客さま方にはとりあえず屋根の下へと非難していただき、我々は粛々と神事を進め、なんとか大降りになる前に終了することができました。


続く巫女による「浦安の舞」は、残念ながら場所を移し、中の会場の舞台で舞わせていただくことになりました。
kanngetu-5.jpg
kanngetu-2.jpg


本来ならお庭でお月見をしながらのお食事を楽しみにされていたお客様方でしたが、さすが月を愛でようとわざわざいでていいらっしゃる方々だけあって、「雨もまたよし」「おかげで舞いが近くで見られた」と、そのお天気ごと楽しんで下さったようでした。

そして宴が終わり、外に出るころには・・・・・まあるい柔らかなお月さまが夜空に輝いていました。





去る9月20日、山内神社では、山内神社崇敬会の安全祈願祭が執り行われました。
この日は土佐山内家の藩祖で、当神社の御祭神であります山内一豊公のご命日にあたりる縁深い日でもあります。
崇敬会会長青木章泰さま以下、多数の崇敬会のみなさまがお集まりになられました。
祝詞奏上の後、宮司・代表役員山内豊功に続き、山内家のご家族、責任役員、総代と粛々と玉串奉奠の列が進み、滞りなく終了いたしました。

その後は場所を三翠園に移して崇敬会総会が開かれ、事務局より活動報告、決算報告、監査報告に続き、今後の活動計画、予算についての説明が行われました。

そして本年は、直会に替えまして、宮司・代表役員がおめでたくも古稀を迎えたことを祝い、ご有志のみなさまのお声かけで祝賀会が行われました。

開会のご挨拶は発起人代表青木章泰さま。
開会
青木さま

ご祝辞を賜りました尾崎正直さま。
尾崎さま

中谷元さま。
中谷さま

竹田恒泰さま。
竹田さま

そして「老舗西川屋」さまよりは、重陽の節句にちなんだ美しい菊の花の工芸菓子が贈呈されました。
西川屋
西川屋菓子2
こちらは展示用にとご用意いただいたお菓子。
西川屋菓子

宮司・代表役員山内豊功からの謝辞には、感謝の言葉とともに、ご幼少の頃にお住まいされていたお屋敷(含、現三翆園)でのおじい様との心あたたまる思い出も織りこまれ、お殿さまの生活の一端を窺い知ることができました。
代表

そしてお待ちかね、乾杯の音頭をお取りいただきましたのは西森潮三さまです。
西森さま

たくさんの人の輪があちらこちらにでき、たくさんの杯が交わされました。
代表役員のお孫さんたちがみなさんの笑顔を誘い、和やかに賑やかにお話は尽きない中、あっという間の二時間半でした。

中締めのご発声は氏原瑞穂さま。一本締めでこの日の盛大な宴は幕を下ろしました。
中締め

当日、お忙しい中お集まりいただきましたみなさまに、山内神社からも心より御礼申し上げます。






秋のお彼岸を過ぎて気温も大分下がってきました。そんな気持ちのいい日に、平成19年4月28日に挙式されました川村家様が、ご長女の七五三とご次女の初宮参りにおいでてくださいました。おじいさまが、うれしそうにお写真を写されている姿が特に印象的でした。赤ちゃんはお母様に抱っこされて、お目目パッチリとやさしいお顔です。
kawamura-1.jpg
kawamura-2.jpg
おねえちゃんは「2歳」とお答えしてくれました。Vサインつきでした。
kawamura-3.jpg






初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします

平成19年12月のご長男『敦(あつし)君』に続きまして、9月25日にご次男『輔(たすく)君』のお参りにご家族お揃いでおいでいただきました。お誕生から一月ほどで、しっかりとしたお兄ちゃんによく似た凛々しいお顔です。tasuku-1.jpg
このときは、すやすやよく眠っていました。楽しい夢をみていたのでしょう。早く走りまわってお兄ちゃんたちと遊びたいですね。tasuku-2.jpg





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします

平成20年10月16日に挙式されました弘瀬家様。9月23日にご長男『凱士(かいと)君』のお宮参りにおいでいただきました。おばあさまに抱かれてお目目もさめて、パッチリ大きな目で不思議そうに色々なものを眺めていました。kaito-1.jpg
色白の男前君でした。
kaito-2.jpg





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします

平成21年2月に挙式されました岩河家様。9月20日にご長女『衣織(いおり)ちゃん』のお宮参りにおいでいただきました。お父様に抱っこされて安心してよく眠っていました。お腹もいっぱいだったんですね。iori-1.jpg
iori-2.jpg





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします

9月19日にお参りいただきました一柳家様。平成19年11月のご長男『亨明(こうめい)君』に続きまして、ご次男『慶心(けいしん)君』のお参りにもおいでいただきました。
keisin-1.jpg
慶心君はおばあさまに抱かれて、神事を終えるまでおっきしてくれていました。お兄ちゃんにそっくりな男前君です。亨明お兄ちゃんは3歳のしっかりした男の子に成長していました。早くお兄ちゃんと走り回って遊びたいですね。たくさんお兄ちゃんが教えてくれることでしょう。
keishin-2.jpg





まだまだ厳しい残暑が続く九月一日、高知市をはじめ各地で金婚式をお祝いする祭典が開かれました。
翌日の新聞紙上には仲睦まじいご様子の金婚式カップルのお写真がたくさん掲載されており、長い年月苦楽を共にされたもの同士ならではの柔らかな表情が印象的でした。

さて今年は、日ごろより山内神社でも大変お世話になっております、書家の浜田尚川先生ご夫妻が金婚式にあたられるということで、神社に頌寿奉告祭においでてくださいました。

いつお会いしても張りのあるお元気なお声でいらっしゃる浜田先生に、そっと寄り添う優しい奥様の表情がとても素敵でした。おめでとうございます。
社殿前
神門前
これからも、ますます仲睦まじくお幸せに過ごされますよう、心よりご祈念申し上げます。
(山本)





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします

9月11日にお参りいただきました村田家様。『琉成(りゅうせい)君』はお目目パッチリでニコニコ笑顔のハンサムさんです。平成20年5月のおねえちゃん『凛(りん)ちゃん』に続いておいでいただきました。凛おねえちゃんは弟くんのお名前もちゃんと教えてくれました。いっしょに仲良く遊んであげてね。

murata-1.jpg
murata-2.jpg





平成20年8月20日に挙式されたブロウチェック家・小串家様。チェコにお住まいなのですが、昨年のご主人様と奥様のお母様のご訪問に続いて、今年は9月7日に奥様もご一緒においでてくださいました。ogusi-1.jpg
夏の休暇をご家族仲睦まじく過ごされて、当神社にもおいでいただきましてありがとうございます。東欧から芸術の香りを運んできてくださいました。お元気でご活躍いただき、またお会いできますことを楽しみにしております。






| HOME |


Copyright © 2010 宗教法人 山内神社, All rights reserved.













,





山内神社の最新情報や、季節にちなんだあれこれをお伝えします(山本/川)。