本日6月30日は夏越祓といわれる「茅の輪くぐり」を中心とした神事が執り行われます。
この儀式は、古来よりもともと疫病を除け邪神を和めることが目的であったとされます。
現在でも、大祓詞によって人々の罪や穢れを祓い、また紙で作ったお人型で体をなで、息を吹きかけたりして、身の穢れを移し祓うことが行われます。半年間の身についた罪・穢を祓い、気分も清々しくご自身とご家族の健康と繁栄をお祈りくださいませ。
今年も早朝より朝倉の西本様ご一家のご尽力で、立派な茅の輪が完成いたしました。午後よりの雨で茅が雨水を含み、より生き生きと勇壮に見えます。ありがとうございました。25chinowa.jpg





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします。

細木家さまがご長男『謙伸(けんしん)』君の初宮参りにお越しくださいました。ちょうど在社しておりました山内宮司も一緒にご家族のお写真を撮らせていただきました。hosogikennsinn -1
『謙伸(けんしん)』君は1歳のお誕生日を迎えたばかりです。しっかりとしたお顔立ちのハンサム君です。hosogikennsinn-2.jpg





初宮参り、おめでとうございます。
お子様の健やかなご成長を心よりお祈りいたします。

 当神社で挙式されました福永家さまが、ご長女『結菜(ゆいな)』ちゃんの初宮参りにお越しくださいました。ご両家のおじいさま、おばあさまもご一緒に皆様でうれしいお参りをしていただきました。fukunagayuina-2.jpg
『結菜(ゆいな)』ちゃんは、紅い素敵なお着物でおばあさまに抱っこしてもらい、ご満悦です。fukunagayuina-1.jpg






| HOME |


Copyright © 2013 宗教法人 山内神社, All rights reserved.













,





山内神社の最新情報や、季節にちなんだあれこれをお伝えします(山本/川)。