FC2ブログ



 二月に入りまして、日中は陽ざしが暖かく感じられる日もありますが、このまま春にはまだなりませんよー。というように、12日には高知市でも雪が舞いましたね。自然も気候もゆっくりゆっくりと、春を迎える準備を始めたというところでしょうか。
 当神社の植物の芽たちもほころぶ途中ですが、自然たちより一足早く、社務所玄関前の土の中から歴史を感じさせてくれるものが、顔を出してくれました。神社参道などをいつもきれいにお掃除してくださる方が掘り出してくださいました。

こちらです。裏返したところです。裏側の文字にご注目ください。
kao-2.jpg
横幅が5センチくらいで深さが2センチくらいの器です。
ご覧いただけますように、文字は右から書かれてありまして、作られた時から推定しますと最長で100年近い年月を経て、地上に再登場してくれたことになります。
 と申しますのも、一番下に名前のあります長瀬富郎という方は文久3年生まれで、明治23年に花王を創業された方だそうです。品質の高い国産の石鹸製造に成功し、1902年には石鹸のほか香水・歯磨き粉・ロウソクの製造にも乗り出したとあります。そうです。こちらは一番上の行の文字にみえますように、練歯磨粉がはいっていた器のようです。ですから、1900年代初めに作られたものだとしますと、一世紀を経ていますよね。どういうわけで、当神社の土の中に埋まっていたのか、考えると想像が広がって楽しくなります。現在のチューブ式と比べますと、とても繊細な感じで、和服姿の人がそっとすくって使ったのかな、などと100年前を想ってみる機会をいただきました。

洗わないで、土がついたままです。一世紀前の土とともに・・・(?)
kao-3.jpg





















管理者にだけ表示を許可する


▲ Page Up

| HOME |


Copyright © 2019 宗教法人 山内神社, All rights reserved.













,





山内神社の最新情報や、季節にちなんだあれこれをお伝えします。